« 皆さん始めまして | Main | デイ・サービスフロアにて »

2004.10.31

勝間街道とは

『勝間街道』 (こつまかいどう)

江戸時代、難波より木津を通って粉浜中在家(現在の住吉区東粉浜)で紀州街道(住吉街道)と合流していた街道。

「勝間」の名称は、西成郡勝間村として大正時代まで残っていたが、現在、そのあたりは「玉出」と呼ばれている。

昔は結構にぎわった街道で、今はどうなっているか、散策してみるのもおもしろい

 西成区は大正14年4月1日第2次市域拡張により、旧西成郡今宮町・玉出町・津守村・粉浜村の区域をもって誕生、区名は旧郡名にちなむものです。昭和 18年4月1日分増区に伴い、旧粉浜村の大部分が住吉区へ、旧天王寺村の一部、山王・天下茶屋地区が当区に編入され現在に至っています。また西成区は、人情味ある大阪下町の風情を残しており、現在は高齢の区民まつり・区民文化祭・体育レクリエーション大会も盛んで、各種団体を中心に地域のコミュニティづくりが積極的にすすめられています。
 平成8年度には区制70周年を記念して、西成区のマスコットキャラクター「スーパーポンポコジャガピー、にしなりくん」が一般からの募集で選考・制定され、21世紀に向けた活発と潤いのある文化的な町づくりが区民一人一人を原動力として着々と進んでおり、西成区の更なる発展と繁栄を目指しています。

|

« 皆さん始めまして | Main | デイ・サービスフロアにて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61144/1819307

Listed below are links to weblogs that reference 勝間街道とは:

« 皆さん始めまして | Main | デイ・サービスフロアにて »