« 介護保険の負担年齢引き下げ、見送りの公算(読売新聞) | Main | お尻が痛い・痔が痛い… »

2004.11.24

ハウルの動く城

今来て貰っているホームヘルパーさんの一人が、ガイドで今、話題の宮崎駿監督の『ハウルの動く城』を観てきたそうです。
そのヘルパーさんはキムタクのファンなので観れたのは良かったそうですが内容的には宮崎作品としてはイマイチだったとか。
宮崎作品では「もののけ姫」が一番良かったそうです。
私自身食わず嫌いの所がありアニメは観ない主義で過去宮崎作品を一度も観たことはありません。
ヘルパーさんの談。キムタクの声、主人公の青年に違和感無く合っていたとか、このキャスティング良かったのでは。

|

« 介護保険の負担年齢引き下げ、見送りの公算(読売新聞) | Main | お尻が痛い・痔が痛い… »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

先日、義理の姉が(二番目の兄の奥さん)
一番上の兄貴(亡くなった兄)の娘二人を連れて
ハウルの動く城、見たそうです…。
早速、良かったというメールが義理の姉から届き、
姪っ子に「面白かった?」とメールをしたら
姪っ子は「う~ん、原作のほうが面白かったかな、
ちょっと期待はずれ」と言うメールでした。

宮崎監督の作品は好きです。
初めて見たアニメ映画は
「天空の城ラピュタ」でした。
食わず嫌いは良くありませんよ、一度観てみたら結構いいですよ。

Posted by: おみず | 2004.11.24 at 23:22

昨日、読売テレビでプレデター2を観て
よく言われていることが本当だと分かりました。
実は最後に主人公が狩人であるプレデターと最後の戦いをする場面で
宇宙船の中に今まで狩った生物の骨を戦利品として飾って有るんです。
その中にエイリアンの骨も飾っていたんです。
この映画何回か観ているのに見落としてました。
この映画の製作時に今年年末公開されるエイリアンvsプレデターの公開をそっと知らせていたんですね。
アメリカ映画って凄いと思いませんか
何年も先の、それも公開が決まってない映画の暗示を入れるなんて。
来月もガイドヘルパーさんをもう早くから予約して有り、このエイリアンvsプレデターを観に行って来ます。
「どちらが勝っても人類に未来は無い」

来月この時間帯で宮崎作品の「千と千尋の神隠し」を
放送するので食わず嫌いを止めて見てみます。
4月に入った常勤の男性職員が宮崎作品のアニメの大ファンなんだそうです。
ぜひぜひ騙されたと思ってみて下さいと言われてもいるしね。
又、その時には感想のコメントを書きます。

Posted by: やすのぶ | 2004.11.27 at 11:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61144/2048716

Listed below are links to weblogs that reference ハウルの動く城:

« 介護保険の負担年齢引き下げ、見送りの公算(読売新聞) | Main | お尻が痛い・痔が痛い… »