« 忙しい春でした | Main | 続・何で、何で私が癌に »

2005.05.20

なんで、なんで私が癌に

人生自分の意思に反して病魔は襲ってくるものですね。
3月の中頃から声がかすれだして、丁度前の施設が3月一杯で
出なくてはならなくなって精神的に参っていたので、疲れと風邪かなと
思っていたんです。
新しい施設を4月から行き出してそれも慣れて来たのに
なかなかかすれ声も治まらず少し気になっていたんです。
病院にも行くのに踏ん切りもつかずに迷ってたところ、訪問看護の
看護婦さん、新しく利用しだした身障施設の看護士と看護婦さんに
強く受診を勧められてやっと18日に近くの私立大学の附属病院の
耳鼻咽喉科に行ってきました。
鼻からファイバースコープを入れて見た所、間髪を入れずに「喉頭がん」
ですねと言われました。
聞き返すこともなく他人事のように聞いていた私。
付いて行ってもらったガイドヘルパーさんが立ち尽くしていたのを観て
事の重大さが少しづつ分かってきました。
予備検査をして全身麻酔に耐えれる体かを調べるためにそれから
急いで各検査室へ。
心電図、血液と尿の検査、胸部レントゲン、肺機能検査をしてその日は
帰ってきました。
次の週に腎臓内科と心臓内科を受診して、月末に心臓エコーを
とって来月早々に生検手術を受ける予定です。
今は、ただもし癌であればなるべくステージが軽く部分切開で終わる
ことを祈っています。
声帯の全摘の後の食道発声を出来るだけのエネルギーは私には
無いと思うし自信もありません。
でも人と会話できない自分は想像できません。

禍福は糾える縄のごとし、後は良いことが起こればと今は祈っています。

|

« 忙しい春でした | Main | 続・何で、何で私が癌に »

「健康・病気」カテゴリの記事

Comments

こういうとき、どうコメントすればと。
癌は、今の医学では普通の病気と同じように治療を継続していく病気だそうです。
去年、父が大腸がんで入院したときのお医者様からの説明です。父も人工肛門のことを悩んでいましたが、癌がそこまではおよんでいなかったため、切除だけですみました。いまも定期的に診察、お薬を受けています。

楽観してがんばってくださいって、根拠もないしいえませんが、世の中って不公平なことが多いです。

Posted by: 根岸のねこ | 2005.05.21 at 12:57

勝間街道のやすのぶさん。返信ありがとうございます。
先ごろ、自殺をほのめかす記事があって、そこには、十数件の励ましやいさめのコメントがありました。そこの人も最終的に自殺を思いとどまってくれて、ありがとうの記事をアップしてありました。
ネットワークが、ひとりの人の不安の言葉に、たくさんの人がコメントをくれる時代は、私も十数年前であれば、信じられないほどです。
癌との戦いの合間に、この時代の面白さを使って、お話してゆきましょう。

Posted by: 根岸のねこ | 2005.05.21 at 20:45

こんにちわ~。
やすのぶさんの話、聞きました。
そうですか・・・
ほんとになんとコメントしていいのか困りますが
私は普段から友達と ”ガンになったら告知して欲しいか。”という話をよくしていて、告知して欲しい派です。
自分のこと知らないのは辛いし、それよりどんな状態だったとしても自分で自分の人生を選択できないで後悔するのはイヤだからです。
世の中、癌になった人が短命とも、金メダルを取った人が長生きするとも限らないですよね。
ほんとなんていうか、毎日を後悔ないように生きていきたいです。


そうそう、昨日なつかしのデイサービス看護士のみんなとカラオケに行きました。
みんなやすのぶさんのこと応援しています♪

Posted by: まついさん | 2005.05.22 at 17:04

やすのぶさんの胸中を察すると・・・いや、察することも不可能ですが、苦悩、不安、恐れ、哀しみ、いろんな思いがうずまいてとても苦しいでしょう。
やすのぶさん、がんばりすぎないでくださいね。弱音もいっぱいはいてください。泣きたくなったら思いっきり泣いてください。
ありのままの、やすのぶさんでいてください。
私はただ、お話を聞くだけしかできませんし
ただ、心の中で大事にいたりませんように・・と思うだけしかできませんが、思ってますから。何度も何度も心の中で思ってますから。

Posted by: ゆずぽん | 2005.05.22 at 22:45

こんにちは、先日は携帯メールで
何をどう返していいやら、
ひょっとしたら何の慰めにも
なっていないのではと…。


検査、手術、術後のこと…考えていると
本当に自分が同じ立場だったら…
誰の励ましも、誰の同情も
耳に入らないのでは…そう感じました。

でも、心のそこから、やすのぶさんには
乗り越えて元気になって欲しいです。

兄を亡くしたときの、やすのぶさんの
心のそこからの励ましの言葉…
デイをやめてからもずっと、心にあります。

どうか、どうか、乗り切って欲しい。

Posted by: おみず | 2005.05.28 at 14:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61144/4207469

Listed below are links to weblogs that reference なんで、なんで私が癌に:

« 忙しい春でした | Main | 続・何で、何で私が癌に »