« 入院します | Main | 明けましておめでとうございます »

2005.12.12

退院

11月22日に喉頭の扁平上皮癌の放射線治療が終わり3日後の25日に退院いたしました。
52日間の病院生活は私にとってはもっとも長い入院生活、ここまで入院すると
家に帰っても時間の感覚がおかしくなります。
放射線治療も7週間33回ともなると放射時間は数十秒でも今までに無かった疲れが出て早く病室に戻りたいと思いながらの治療でした。
特にシェルでの放射線防護マスクは辛かったです。

強度変調放射線治療(近畿大学附属病院)

ブログの更新もやっとこの頃意欲が沸いてきた位でキーボードを打つのもしんどくて。
近いうちに受診ですが私の体も白紙ではなくなったわけで癌とゆう傷が付いて
いつその傷が生命として動き始めるか、私に運があれば命を全うするまで体の中深く
眠ってくれるでしょう。


前から気にはなってはいたのですが肺活量が少なく全身麻酔ができません。
息も直ぐ上がるし息苦しいし、それで呼吸器内科を受診したところ思っている以上に悪く最悪酸素療法をしないとと。
その方は検査の結果今すぐにとは言われなかったのですが。
身体障害者では給付が受けられないので呼吸器で再度申請をしました。
手帳が降りれば将来呼吸器関連の器具等の給付が受けられます。
それと医師に酸素飽和度を自分で管理するようにとパルス
オキシメーターの購入を勧められたので買いました。
一応しんどくなれば測っているのですが酸素だけは家庭で使いたくないものですね。

 P505iS0013107525

【14日・水曜日】
退院後初受診

耳鼻科は内視鏡は入れられたけどまず順調に回復しているようです。
首の焼けども傷も塞がっていて回復は早いようです。
でも呼吸器内科は動脈採血をしたら動脈血ガス(PaO2)が60Torr位しかなくて
在宅酸素を強く勧められましたが踏ん切りがつきません。
それに先天的な肺の変形なので寝ている範囲では慣れているようです。
呼吸器での手帳の申請をしたのでそれが降りて定期的な検査で今以上悪くなれば考えようかと思っています。

|

« 入院します | Main | 明けましておめでとうございます »

「健康・病気」カテゴリの記事

Comments

久々に覗いてみました。少しは良くなってきているようで、安心しました。首のやけど??と言うのでしょうか、、、時間はかかると思いますが、治り始めたら早いみたいですね。やっぱり若さ??

お見舞いに伺ったときの、しんどそうな顔が私には忘れられないですね。

早く、大好きなカラオケと映画とグルメ…復活するといいね。

いつか、夢厨房でたらふく食べましょう。

Posted by: おみず | 2005.12.29 at 11:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61144/7584789

Listed below are links to weblogs that reference 退院:

« 入院します | Main | 明けましておめでとうございます »