日記・コラム・つぶやき

2012.12.30

辰年も終わりを迎えて

昨年暮れも救急車でERに運ばれ新しい年も病院で過ごしました。

正直ナルコーシスとゆう大変な病気だったので今年一年無事に過ごせるか

自身はありませんでした。

でも何とかなるんですね、   今は血糖値もだいぶ落ち着き後は何とか

体重減らせれば思ってます。

昨年の今頃はやっと絶食・絶飲から開放されて生きれるんだと思い出したところでした。

来年はもう少し書き込みを増やしたいと思っているし私の昔のお知り合いも

コメントを宜しくね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.02

明けましておめでとうございます

2010年寅年も明けました。

世の中も、猛々しくなるのでしょうか。

この1年穏やかでありますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.12.31

2009年丑年も暮れようとしています。

師走も一か月は早いですね。

今年も一年の早いこと、早いこと。

映画も感想を書き置いてないので何本観たか

分かりませんが月2本位は観ているかと。

話題になっているのは大体観てますね。

今年最後に観たのは26日に観た「アバター」

最後に迫力満点のを観たし今年1年楽しませてもらいました。

縫いぐるみの猫「はっちゃん」も家族の一員なり、そして

前世占いの後、手相を観てもらったら両手ますかけの

強運持ち主と分かり嬉しく驚いております。

来年は色々と書き込みもしたいとは思ってはいるのですが

又、皆様コメントをよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.13

遅れましたが、皆様本年もよろしくお願いします。

本年も、私の勝間街道をよろしくお願いします。
下記の初日の出は、私の姪が一日の朝4時に家を出て
奈良の榛原・鳥見山に行って来た時のものです。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.04

リベンジ

24日にダ・ヴィンチ・コードを観に行った時
原山台の鶴橋風月で焼きそばを食べようかとガイドさんと
行った所、休みではなかったのですが開店が映画の始まる
まで間に合わずやめにしました。
結局違うものを食べたのですが。
この歳になるとこだわりが強くなるのか、3日後の27日土曜日に
泉ヶ丘の鶴橋風月に食べに行ってきました。
凄く美味しくて、食べたかったのではないけれど気が済んだのは
確かです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.18

退院後、デイでの初カラオケ

退院後、2度目の耳鼻科受診での検査結果も良く、恐々
カラオケをデイサービスで仲間と一緒にやりました。
調子に乗って職員に進められ下記の五曲を歌いました。
シルエットロマンス(大橋純子82年)・夢一夜(南こうせつ78年)
釜山港へ帰れ(チョー・ヨンピル83年)・越冬つばめ(森昌子84年)
別れの一本杉(春日八郎55年)この五曲でしたが、内四曲が92点
後一曲が91点と癌宣告される前に行ったカラオケボックスでのカラオケ
時より凄く声が出ました。
その前から声帯は癌細胞に犯されていたのかもしれません。
春暖かくなれば、ガイドヘルパーさんと本格的にカラオケボックスで思い切り歌って来たいと思っています。

今、送迎でこの車に乗っています。

赤い羽根共同募金でいただいた送迎車だそうです。

P505is0013631819

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.01

明けましておめでとうございます

P505iS0013369673





今年は私にとっても皆様にとってもより良い年でありますように

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.08

忙しい春でした

2月の末に9年通っていた老人施設内の障害デイサービスが、
突然休止に( 期待を持たせていますが廃止です )になりました。
青天の霹靂そのものです。
それからが大変でした四月から利用する障害施設への見学と
面接の慌しい一ヶ月を送り職員との別れも早々に次の施設へ、
正直言って腹ただしいの一言でした。
支援費制度が始まっての二年間での赤字で他の事業に
波及するのを恐れた様子も厚生労働省が慌てて障害者自立支援法
成立に躍起になっているのと同じです。
今月中に新制度は成立するでしょう。 
その後良かったか悪かったかは2~3年しないと分からないと思います。
私は正直言って分かりませが経済的に困る方とお金を負担しても
支給量が増えてほしいと思う方も居られると思うし…
でも一番腹立たしいのはテレビのニュースとか影響力のある番組
(サンデープロジェクトとか)でなぜ取り上げないのか只それだけです。

連休に久しぶりに映画に行ってきました。
キアヌ・リーブスのコンスタンティンで、面白かったです。
ただし注意、終わった後場内の照明が完全に点くまで
絶対に席を立たないように。  後々後悔しますよ?

P505iS0009568489   この蒸しパンは3月一杯在籍していた老人施設の
  デイサービスでのおやつクラブで作ったものです。
  私は只食べる人でしたが、その週で一番上手に
P1000517  作れたと職員がP1000518言っていた物です。


                      
                      
                      
昨年の秋より製作に掛かっていたレックウォーマーです。
やっと新しい施設に行くまで間に合いました。
ただ半分はデイサービスの非常勤さんにお手伝いしていただきました。
長くて延びているのが私が作ったものできっちり編めているのが職員さんが手伝ってもらったものです。                      
                      

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2005.01.20

初めてのカラオケルーム

生まれて始めてカラオケルームに行きました。   デイサービスを休んで。
何時も受診している病院の形成外科が水曜日だけなので利用日のデイを
休まないと受診出来ません。
ガイドヘルパーさんを6時間頼んだので時間がだいぶ余りました。
車椅子を押してもらい歩いて約二十五分程かかるカラオケルームへ
凄いですね、私が世間知らずなんでしょうが何時もデイで歌っているカラオケとは
ぜんぜん感じが違いました。
ガイドさんと食事をしながら約2時間歌いまくりました。
デイでは他の利用者の手前余り厚かましく歌えないし気も使います。
十数曲歌ったと思いますがガイドさんも5曲ほど歌われました。
私より二つ上の女性なんですが世代が大体同じなので知っている曲もほぼ同じです。
銀恋を2人で歌って後はアトランダムに2人で歌いました。
ガイドさんはその後、三橋美智也の古城(S34年)、舟木一夫の絶唱(S41年)、フォー・セインツの
小さな日記(S43年)、ブロード・サイド・フォーの星に祈りを(S41年)を歌われましたが正直言って
今まで聞いた素人さんの中で一番上手かったと思います。
歌が好きな方は自然と上手くなるものなんでしょうね。
話は前後するんですが私は凄い巻き爪です。歩けないのもあるんですが左右とも親指が特にひどいです。
そこで超弾性ワイヤーで爪を広げる事になったんです。
ただ左足は少し伸びたらないので来月回しになりました。
改善されるのは短くても数ヶ月は掛かるそうで気の長い話です。
穴を開けてワイヤーを通すのですが痛みは全然ありませんでした。
ただ見ているガイドさんだけが顔をそむけてましたね。
どれ位の期間で少し真っ直ぐになるのか、今から楽しみです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.11

千と千尋の神隠しを観て…

10日の金曜日読売テレビ系で放送された「千と千尋の神隠し」を
始めて見ました。
始めてと言っても宮崎作品自体一本も観た事のない偏屈なおっさんです。
見ない主義ではないのですが年齢的にも余り興味もなかったのもあります。
今、通所しているデイサービスの男性職員にファンが居て一度だまされたと思って
観て下さいと言われたのも有るのでじっくり観させて貰いました。
観想を一言で言えば絵が綺麗で話的にもよく出来ていたと思います。
ただ最後の終わり方に関して人それぞれ思いが有るので私的感想を書けば
千尋と両親が乗っている車がバックしながらトンネルを後にするエンディングは
なぜか喉の奥に物が引っかかるようで物足りませんでした。
あの後千尋の生活も落ち着き異次元の長くて短い生活も記憶の隅に追いやった後
街に出て歩いているとハクとすれ違うのです。
でもどちらもそのときの記憶がなく、数メートル歩いたときにどちらとも無く振り返るのです。
でも千尋もハクも思い出せづに気のせいと歩いていきます。
そして立ち止まり小首を両者とも傾げながら去っていく、そしてエンディングのテーマが
流れる。
これが私の期待した終わり方なんですが如何でしょうか。
安物の映画だといわれそうですが、私自身こんな気のせいかなと思う終わり方が好きなのです。
食わず嫌いはいけないと思うのでこれから宮崎全作品を観てみたいと思っています。

下記の写真はデイサービスで私が作った来年の干支の人形です。
いろいろと忙しくて七割方非常勤の女性職員にお手伝いしてもらいました。
有難うございました。

p505is0008519977.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧